肌別 クレンジング

肌別にクレンジングを選ぶ

乾燥肌と敏感肌以外にもオイリー肌など、いろいろな肌質があるわけですが、この肌質に適したクレンジングを使用しなくてはいけません。
クレンジング選びを誤るようなことがあった場合、お肌のトラブルを誘発する危険があるのです。
クレンジングには、最近人気のオイルクレンジングから、クリーム・ミルク・ジェルなどの形状があります。
商品ごとに優れている点や劣っている点は異なりますから、自分の肌質に合ったものを用いることが要求されます。
例えば人気のオイルクレンジングは厚塗りのメイクには効果的ですが、お肌に大切なバリア機能まで洗い流してしまう危険もあり、乾燥肌だと感じる方は使用には適さないでしょう。
オイルクレンジングに関しては、軽くメイクとなじませ、こすらず洗い落とすようにしましょう。
乾燥肌やアトピーを持っている方だと、油分を保持するためにもノンオイルクレンジングが合うかもしれません。
敏感肌のケースでは、ホホバオイルといった天然成分が備えられた自然由来のオイルを採用しているクレンジングが適しています。
部分によって脂っぽかったり乾燥してしまったりする混合肌の方は、それぞれに対応したクレンジングを組み合わせましょう。
高い人気を誇るオイルクレンジングについてはアイメイクや唇紅落としに用い、ミルクやジェルなどの刺激の少ないクレンジングをその他の部分に用いるという使い分けができます。
どれほど各方面で人気といわれるクレンジングでも、必ずしも自分にとってベストなクレンジングだとは限らないのです。
まず肌質を見極めてから、この結果を踏まえて手に取るクレンジングを決定することがコツとなります。
間違いのあるクレンジングで肌トラブルを引き起こさないように気をつけましょう。